校長あいさつ

光の空へ 伸びあがる

                鴻巣市立大芦小学校長  強瀬 雪乃

 学校長あいさつ

 

 本校は鴻巣市の北部に位置し、荒川沿いの田園地帯に立つ、豊かな緑、広々した校庭、ゆとりある教室環境の中、子どもたちが明るく伸び伸びと学び生活している学校です。昭和56年4月に吹上小学校から分離し、今年度開校39年目を迎えています。本年度は児童数119名、特別支援学級(パンジー学級)を含め7学級でスタートしました。

 

 子どもたちは明るく素直で、生き生きと学習に取り組み、教職員も意欲的で、子どもたちと愛情豊かにふれあいながら日々教育活動に励んでおります。

 

 開校以来、学校・保護者・地域との連携が図られ、地域に根差した教育活動を進めております。そしてその精神は校章のデザインにも象徴されています。

 

 大芦の「大」を3つ組み合わせた中に、芦(葦)を配した校章。「大」3つが示すのは、学校・家庭・地域の3つの和であり、知・徳・体の3つの柱です。真中にある芦は力強く伸び続ける「葦」にちなんでいます。

 

 今年度、基礎的・基本的な学力のさらなる定着を図るとともに、思考力・判断力・表現力等の育成、その中でも特に表現する力の育成に重点を置き、子どもたちにより確かな力をつけていきたいと思います。

 

 また、鴻巣市の教育理念「潤いと光ある鴻巣教育」を目指し、基本方針「『縦の接続』と『横の連携』を重視した つながりのある教育」の実現に向け、教職員一同精一杯努力してまいりたいと思います。

 

 「意欲いっぱい」「笑顔いっぱい」「元気いっぱい」の児童を育てるために、そしてさらに地域に根差した教育を進めるために、今後とも保護者の皆様や地域の皆様のご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。

             

   【田植え】     【秋季運動会】     【花育活動】     【持久走大会】

更新日:2019年04月11日 11:29:42